なんかいい名前募集中

野球とかモバマスとか 基本ツイッターに書けない内容を書き散らしていきます

隣の芝生は青い

隣の芝生は青い

実際は同じ芝だったとしても、隣の芝生は大抵青く見えるものである

「ああ、うちの担当アイドルも井上拓が作曲したカッコイイEDMが持ち歌だったらなあ…」
「ああ、うちの担当アイドルの中の人も王子様の様にカッコ良かったらなあ…」
「ああ、うちの担当アイドルももっと女性ウケするキャラだったらなあ…」
こんな要素をキメラのように取り入れたら人気は出るだろうが、それはもはや五十嵐響子ではない何かであるのは間違いない

けれど、隣の芝生は青い

本当の魔法を伝えるために歌うから

石川公演から数日が経って今更なんですが…

まずは演者、スタッフをはじめ参加された皆さん、お疲れ様でした

sparkling girlがロックじゃないけどカッコイイとか、声優さんのボケとか、ピンクチェックスクールは3人揃ってこそという強い意志を感じたとか言いたいことは色々あるのですが一つだけ、これだけはどうしても書いておかなきゃと思った事があります

 

今回のセトリで(形式上の)トリとして歌われた曲、M@GIC

この曲はアニメ二期(そもそも落としてるんだから2期といえるかすら分からない)のトリの曲として、再び前を向いた島村卯月シンデレラプロジェクトの「キラキラ冒険したアイドル観」を示す曲として流された曲でした

 

これは個人的な意見ですが、この曲がアニメで流れた時「な~にが『シンデレラはがんばりや』じゃ!仕事の都合でライブに出られる声優だけを集めて主人公ヅラ、馬鹿で無能なPとアホ上司、メタ的な視点で言えば納期すら守れないスタッフ、個性のない声なしアイドルは死ねと言わんばかりの脚本、そして何よりピンクチェックスクール衣装を出しておきながらウチの担当をまるでソ連の写真修正みたいに無かった事にしやがって!乾いた失笑しか出ねえわ!曲は好きだけどもはやお笑いの域だわ!バーカ!」なんて思ってました

 

そんなあまりいい思い出のないこの曲、結局ライブでも3rd幕張と346Castleでしか歌われず、相変わらず自分の中では「346の仕事に恵まれたアイドル様の歌」でしかありませんでした

 

そんなM@GICが、今回シンデレラガールズの全体曲として歌われた、しかもあの時存在すら抹消された五十嵐響子が参加した、というのは個人的に凄く大きな出来事でした

自分の中ではこれで「346プロの物語」は終焉を迎え、これからはシンデレラガールズがそれぞれの個性でステージを賑やかす、そんな時代が来たんだと思っています

これから大阪、静岡、幕張、福岡と続いていき最後はさいたまスーパーアリーナ、これからも担当のことを追いかけていけたらな、と思っています

 

ちなみに新たにフォローしてくださった皆様、私のブログはこんなふうに愚痴吐き場になっているのでそこのところよろしくお願いします…

幕張に墓が立ちました(2年ぶり2回目)

シンデレラ3rdで五十嵐響子CDデビュー発表以来の墓地建立です

という冗談はさておき

今日はナナシス3rdライブに行ってきました

正直演者もキャラもあまり分からず、ただ曲が好きなだけだったので楽しめるか不安でしたが、もうそれはそれは超絶に楽しかったです

これは個人的な感想ですが、アニメ前のちょうど代々木あたりのシンデレラのような勢いを感じるとても力強いコンテンツだなーと感じました

シンデレラでもミリオンでもラブライブでもない、独特の世界観と曲のイメージ、他のコンテンツと食い合わない、それでいて力強さも勢いも感じるいいライブだったなーと思います

明日は参加しないけど、万が一セトリ変わってたら泣きます

 

総選挙のおはなし

シンデレラがシンデレラたる最大のイベントである総選挙が開催中です

この記事では「ぜひ五十嵐響子に1票を!」「今井加奈ちゃんにボイスを!」

とか書くべきなんでしょうけど別にそんなことは書きません

 

私としては、他人に勧められた子なんかより本当に好きな子に投票してほしいと思っています

「は?Pなのにそんなこと言っていいの?」と思う人もいるでしょう

ではここであるアイドルの順位を見てもらいましょう

 

第一回 24位

第二回 42位

第三回 24位

第四回 20位

 

「おっすげえ!かなり人気あるしすぐCDデビューもできたんじゃないの?」

と考える人が多くいるでしょう

実際このアイドルは当時声無しにもかかわらず、月末ガチャSRや復刻BOX限定などに起用されていました

しかし、20位を取っても直ぐにボイスが付くことはありませんでした

 

ここまで書けばわかると思いますが、これは五十嵐響子の順位です

これだけの結果を残しているにも関わらず、決して(当時は)優遇されず順位が下のアイドルにボイスを抜かされ続ける日々…

それでも活躍を信じて投票を続けたからこそ、CDデビューやPCSのラブレターといった新たな活躍の場がもらえたのだろうと思います

だからこそ、私は自分の本当に好きな子・活躍してほしいと思っている子・これからが見てみたい子に投票してあげてほしいな、と思っています

 

それでも五十嵐響子や今井加奈に投票したいと思ってるみなさん

そして五十嵐響子や今井加奈の未来を見てみたいみなさん…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:mokuniki:20170413005323j:plain

お前らの投票待ってるぜ!

春は新人の季節です

なんと!ほぼ2ヶ月ぶりの更新だそうです

ブログを更新する暇すら与えられない会社、早くやめたいですね…

 

今日は今更すぎるけどこれだけはどうしても言っておきたいなあと思ったことを書くことにします

 

3月末についに恋のHamburgがデレステに実装されました

それと同時に五十嵐響子のストーリーコミュも同時に実装されました

その前後の壊れ性能のフェスや突然喋りだす美玲に話題をほぼ食われておりますが

そんな中でも「初めてみたけどこの五十嵐響子って子いいんじゃない?」と言ってくださった方が何人かいるんじゃないかなーと思います

更にその中には「私はこの子の担当になる!」と思った方もいるかもしれません

 

そんな方々にお伝えしたいことがあります

 

私は五十嵐響子を5年近く追っています(敢えてここでは担当とは言いません)が、正直彼女はトップを取れるほど根強い人気があるわけではありません(俺がこんなこと言っていいのか知らんけど)

ライブで大盛り上がりするようなEDMに合わせて踊るわけでもありません

ライブのトリで会場すべてをシーンとさせるようなバラードを歌うわけでもありません

かといって持ち歌がいわゆるUO曲でもありません

恋のHamburgはヒゲなんとかさんやMOなんとかの田中何とかさんみたいな超有名作曲家を起用したわけでもありません

中の人が超絶面白いことを言う芸人でもありません

かといって中の人がソロやユニットでドル売りしてるわけでもありません

ピンクチェックスクールもトライアドプリムスのように凄くカッコイイわけでもなく

ポジティブパッションのように周りを引っ張っていくわけでもなく

LIPPSのように二次創作のカップリングで大人気というでもなく

正直担当の自分でさえ無味無臭無害なユニットであると思っています

 

それでも、五十嵐響子を応援したい!と思ってくださった皆さん

私達と一緒に、彼女の行く末を見守ってみませんか?

 

SSRを持ってなくたって構いません

初心者だって構いません

「本家モバマスはまだやってなくて…」って人でも構いません

グッズを一つも持ってなくたって構いません

ライブに行かない人だって構いません

18歳未満に見せられないような薄い本で興味を持った人だって構いません

声の似た生き別れの妹から入った人だって構いません

 

今日から、五十嵐響子の担当になってみませんか?

私たちは、(過干渉しない程度に)歓迎しますよ!

 

そして、もしよかったら五十嵐響子の魅力を他の人に伝えてみませんか?

ドレスショップとは一体

祝!デレステにドレスショップ実装!

 

なんて記事を本当は書きたかったのですが。賛否両論な内容ですね…

正直な感想を申し上げますと、私は「いやそれはないんじゃないの」と思いました

有償ジュエルのみで3000円、着用キャラクター固定、個別モデリングと言いながら殆ど作り分けしていないモデル…

どれか一つでも改善されてれば、まあアリかな、とは考えたのですが申し訳ないのですがこれではお金を払う気にはなりませんね…

「いずれ共通衣装も出すって運営が言ってるんだから待とうよ」という意見もちらほら見られますが我々含めたアニメ前からのユーザーは姉御の扱い等から運営を信用していないユーザーが多く存在しています

(総選挙が現状純粋な人気投票ではなく声つけたいアイドル決定戦と化しているのも順番通りボイス付与をしなかったツケであると考えています)

そういったユーザーが運営の言うことを鵜呑みにして信じて待つとは到底考えられません

このようなユーザーが次に起こす行動は抗議です

そして抗議の声も押し潰されたらあとはコンテンツから離れていくだけです

今後このコンテンツは不満が爆発して取り返しの付かないことになるのか、それとも持ち直していくのか、興味深いですが私は自分の好きなアイドルだけを追いかけていこうと思っているのであまり影響なさそうですね…

お金の奴隷解放宣言

さて、突然ですがシンデレラマスター(CM)10弾の詳細が発表されました

なんと今回は3枚1セットでの販売となるそうです

これについては賛否両論ですが、ライブ応募のシリアルがつく以上、他のCDとの価格差があると問題なので致し方ないのかもしれません

なぜCMにシリアルを付けるためこんな売り方をしたのか…

おそらくは前述の通りですが、「どうせみんなCD全部買うでしょ」という売り手の考えの甘さもあるのではないかと思っています

何よりこの売り方の問題は「ライブに行かない人・特定のアイドルだけ好きな人」を完全に軽視した売り方だなーと感じます

アイドルマスターというブランド全体を「推す」人もシンデレラガールズというコンテンツ全体を「推す」人も好きなアイドルだけ…という人もみんなが楽しめるといいのですが、どうも最近ブランド全体やシンデレラの190人すべてを好きにならないとダメ!という風潮が強くなってる気がします

担当アイドル以外に興味を持てないのは勿体無いかもしれませんが、何も悪いことではないと思うのですが…

 

実際自分も正直シリアル第2弾のCD、ラブレターだけ買えばいいかな…と思っています

声優が作詞したCDに興味ないですし、ソロも中古やレンタルで音源だけならいくらでも調達できます

 

だから、これは某芸人じゃないですけどお金の奴隷解放宣言です

私は嫌な思いしながら泊勤務で命削って稼いだお金は自分の担当アイドルに使いたいのです

こんなユーザー(敢えてプロデューサーとは言わない)がいてもいいのではないでしょうか?